給湯器交換施工例

給湯器の寿命

給湯器の寿命はどれくらいなのでしょう。

若い方は朝シャワーを浴びる方が多いようで、学校や仕事に行く前の忙しい時間にこのような故障はとても困りますね。

 

 

一般にが給湯器の設計寿命は10年位と言われています。

 

10年は使えるように給湯器の設計しているようです。

 

10年を過ぎてからの故障ですと、交換部品の手配の関係で修理だけではすまない場合もあります。

 

俗に、7年を過ぎたら注意が必要だと言われて言われていますが、これは給湯器の交換部品の保持義務があり

 

部品交換がしやすくからです。

 

但し、10年を過ぎると給湯器の部品がなくなり、故障した悪いところを交換できなる可能性が高くなります。

 

 

 

ですから、耐久年数だけでなく、使えなくなるようなトラブルが起こったかどうかも寿命を見分ける一つのポイントだと言えるでしょう。

 

スイッチを入れたばかりだった場合は、少しの間お湯を出しておけばやがて温度が安定してきます。

 

しかし、突然電源が落ちて、水になってしまうのは体絵の負担も大きいですし、心理的にもショックが大きいですね。

 

 

給湯器の故障の判断基準

 

明らかに故障だと判断できる症状として、「お湯の温度が安定しない」というトラブルがあるります。

 

それは使用している状況によっても変化が出るでしょうし、一概に何年だとは言えません。

 

反対に急に熱湯が出たりでやけどをしてしまうかもしれません。

 

これは給湯器のスイッチを入れたばかりの時によく起こるのですが、しばらく経っても冷たい水のままだったり、いきなりお湯が熱くなったりしてビックリすることがあります。

 

こういった給湯器の故障は7年過ぎるころから多くなるそうです。

 

もっと早く故障する給湯器もありますし、もっと過ぎても安全に故障もなく使っておられる方もいます。

 

 

スイッチを入れたばかりでもないのに、いきなり湯音に変化が見られたら、それは故障の可能性を考えておいた方がいいでしょう。

 

というわけで、使用して10年を過ぎてきたら、いつ故障してもおかしくないと考えておくことが必要です。

 

スイッチを入れたり切ったりで、なんとか使っているうちにまったく機能しなくなった方が多く、夜仕事から帰ってお湯がでないとなるとパニックになります。

 

お湯の温度が安定しないと、シャンプーの泡を洗い流している最中に、いきなり冷たい水が出てきて寒い思いをし、そのうち戻ると思ってしばらく冷水を浴び続けると、寒い季節だとカゼをひいてしまう原因にもなりかねません。

 

例えば、車の場合、年数がたてば故障が多くなり、修理代がかるので新しい車に買い替える方が多い様に、給湯器にもどうしても寿命があります。

 

新しい給湯器に交換したらガス代が安くなったという声も多いですね。

 

平均寿命は?

 

 

一般的には、給湯器の耐久年数は約10年程度と言われています。

 

給湯器のエラーには、スイッチをONにしたりOFFにしたりするだけで簡単に直るものもあれば、自分ではとうてい対処できないケースもあります。つまり状況次第と言うことができるのです。

 

 

シャワーを浴びている時に、いきなりお湯の温度がぬるくなったり、水になったりしたことはありませんか。修理で直る場合もありますが、例えば部品の交換が必要となれば、10年前の部品ですと無い場合が多く、部品が見つかったとしても修理代は高い場合もあるので、

 

10年たった場合ですと新しい給湯器に交換をお勧めします。例えば耐久年数が10年として

 

10年を過ぎたと言っていきなり壊れて使えなくなるわけではありません。給湯器の調子が悪いと感じたら、すぐに業者に相談した方が安心です。

 

木更津給湯器交換メールする


ホーム RSS購読 サイトマップ
千葉県の給湯器交換 神奈川県の給湯器交換 東京都の給湯器交換