千葉のガス石油事情

千葉の給湯器

千葉県の給湯器分布

 

千葉県は南北に長く、広範な地域に世帯数230万世帯を数えます。

 

工業地帯のある東京湾周辺は、石油精製所や都市ガス供給基地があります。

 

そのため、都市ガス、プロパンガス、灯油などの配送は東京湾側から供給されています。

 

都市ガスの供給配管は東京湾側から、都市部へ向かって伸びていることが多くあります。

 

石油精製品である、灯油やプロパンガスも東京湾の沿岸部で精製されて供給さてています。

 

プロパンガスは、パイプラインに依らず、タンクローリーで陸送され各供給ステーションの届けられています。

 

灯油も同じく、タンクローリーによって陸送されています。

 

このため、東京湾沿岸および都市部ではエネルギーを都市ガスに依存することが多く、給湯器も都市ガス用を使用する方が多くいます。

 

都市ガスのメリット

 

地勢的に供給基地からの距離が離れている場合は、都市ガスの供給は少ないようです。

 

都市ガスは供給コストに配管埋設・管理費用がかかります。人口の密度が低い地域ではこのコストをペイできないためと思われます。

 

しかし、消費者サイドから考えると、都市ガスはランニングコストが安く済むというメリットがあります。

 

都市ガスのランニングコストは都市ガス、プロパンガス、石油コストの比較をご覧ください。

 

プロパンガス

 

都市部から離れ、もしくは供給人口密度が低い地域は、個別にプロパン供給業者から配達されるガスボンベによって給湯器等を使用します。

 

コストとして、配送費、安全管理費、供給エリアは保安管理可能地域に限られているため、供給業者の数は都市ガスに比べて多く、古くは地元のガス屋さんという感覚でした。

 

最近は、系列ごとに集約されつつあるようです。

 

しかし、プロパンガス価格は以前地域性があるようです。

 

プロパンガスの価格についてはプロパンガスは安くできるをご覧ください。

 

プロパンガスのガス代は都市ガスに比べ一般に高いようです。

 

石油(灯油)の利用

プロパンガスエリアの方の一部の方は、給湯器に石油給湯器を使われています。

 

調理にはプロパンガスを利用し、一般に住宅のエネルギーの80%を占めるといわれる給湯には石油(灯油)を使われているわけです。

 

日本人は入浴好きな方が多いといわれているわけで、この数字はうなずける気がします。

 

個人の家計においては、光熱費をいかに少なくするか、というのは切実な問題ですね。

 

詳しくは、「都市ガス・プロパンガス・灯油コストの比較」を参考にして下さい。

 

ちなみに、私の居住地域は木更津市内でも現在都市ガスの供給エリアではないため、ご多分にもれずコンロはプロパンガス、給湯器は石油給湯器を使用しています。

 

業歴30年を超え、感謝の意味も踏まえて今回の給湯器特別キャンペーンを開催することにし、家計の地域差をなくすべく努力しています。

 

それぞれのエネルギーに対応した給湯器を特別価格で交換します。

 

 

千葉の給湯器記事一覧

給湯器特別キャンペーン

給湯サービス千葉の壁掛け給湯器1つ穴タイプはこちら16号オート20号オート24号オートGT-1650SAWX-2 1つ穴 設置フリー RC-B001マルチリモコン 含む定価¥285,120 標準交換工事を含めて¥100,000¥107,000で長期7年保証可能本体80%OFFGT-2050SAWX-...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ