ガス代を安くするには

エコジョーズ 潜熱回収型ガス給湯器

ガス高効率型給湯器「エコジョーズ」

 

今までのガス給湯器は熱効率がおよそ80%であったのに対し、約15%高い95%の熱効率を実現させた新型のガス給湯器です。

 

同じ量ガスで、今まで無駄に捨てられていた熱エネルギーを効率よく使う事が出来れば、同じ量のお湯を使ってもガス代が安くなるわけですね。

 

ご存じのように車の燃費は非常によくなりましたね。

 

そのうち、ハイブリッドカーのような給湯機が開発される・・と思っていたら。・・実際にリンナイで開発されていました。

 

ガス給湯器も燃費向上で エコが進んでいます。

 

ガス給湯器では水が通る熱交換器(車のラジエタ―のような物)に燃焼によって生じた高温の炎に当てることで、高温のガスから熱を回収して温水にしています。

 

このとき従来型給湯器では熱交換後の排気ガスは200℃程度であり、燃料エネルギーのおよそ80%しか回収できていませんでした。

 

 

今まで排気熱として放出されていた熱、つまり潜在的には存在しているのですが、無視されていた熱を潜熱と言います。

 

この潜熱をもっと利用することで省エネできないかという発想が、熱効率を上げ、ガスの量が少なくても同じだけのお湯をつくろうというわけです。

 

また燃焼後の、高温なガスまで利用することで、放出されていたガスに含まれる水蒸気の潜熱を利用します。

 

潜熱回収型ガス給湯器(エコジョーズ)では、今までただ排出していた(一次)熱交換後のガスを二次熱交換器に当て給水を予熱(あらかじめ温める)します。

 

さらに、二次熱交換器で排気温度を水の沸点以下の60℃程度まで下げることで排気ガス中に含まれる水蒸気を液体の水として、潜熱(凝縮熱)を利用して

 

今まで潜っていた熱を回収するというものです。

 

これによって全体として95%程度の熱効率を実現し、液体の水となった水蒸気の分だけ排気量も少なくなる。2000年6月に高木産業(当時。現パーパス株式会社)が初めて発売を開始しました。

 

エコジョーズのメリット

 

毎年、国(一般社団法人 都市ガス振興センター)や地方自治体の導入補助が下りる時期があり申請により補助を受けられる事がありますので
調べてみてください。

 

 

効率が高まる分、必要とするガス使用量が減り二酸化炭素排出削減と光熱費の削減となるエコ。

 

つまり、ガス代が安くなり環境に優しいということです。

 

エコジョーズのデメリット

二次熱交換器から出るドレン水の排水処理が必要です。

 

下水道からつながっている排水口に直接拝することは、ちょっと工夫が要ります。

 

また、排気温度が従来型より低い(60℃程度)ため排気中の残留水蒸気が結露(水滴になります)し易く、排気吹き出し方向に金属製の障害物がある場合は結露により腐食の恐れがあります。

 

このため開放空間に向けて排気するよう設置する必要があります。

 

ちょっと場所をとるということです。

 

また、湯沸かし時の運転音が従来型より若干高い(約47db - 52db)。

 

何より、今までの方式のガス給湯器より10万位値段が高いことですね。

 

メーカーの試算によると、ガス代の節約分で5年くらいで元が取れるようです。