ガス給湯器の点検方法

給湯器を点検してみよう

屋外設置形ガス給湯機器をお使いの方

 

 

故障表示が出ているとき

 

リモコンの時計表示部に故障表示が点滅している場合
  エラーコードを確認しましょう

 

 

その内容の詳細は、取扱説明書を見てみましょう

 

  対応法の確認をします。

 

 取扱説明書以外の表示が出たり、取扱説明書に書いてある処置をしても繰り返し表示するときはご使用を中止し、
 販売店、または当社窓口にご連絡ください。

 

 

屋外設置形ガス給湯機器使用の注意

 

  排気ガスの流入にご注意しましょう。

 

  おふろをわかしているときや、シャワーを使っている時は、浴室の窓を閉めましょう。

 

 ※排気ガスが浴室内に入って来ると不完全燃焼の際一酸化炭素中毒の原因となります。

 

やけどに注意しましょう。

 

 シャワーなどお湯を使っているときは、リモコンに表示の温度をよく確かめて、実際に手でお湯の温度を確認してから使用しましょう。

 

 ◎特に60℃の高温のお湯を使ったあとに、次に使うときは特に注意しましょう。

 

またお風呂に入る前に浴槽のお湯の温度を手を入れて確かめてから入浴しましょう。
◎ 追いだき中は、循環アダプターから高温のお湯が出るのでさわらないようにしましょう。
やけどの原因になります。

 

 

 ◎給湯器の 排気口や排気筒のまわりは、使用中や使用後しばらくは高温ですので手をふれないようにしましょう。
※小さなお子さまのいるご家庭では特に注意してください。

 

屋外設置形ガス給湯機器をトタンや壁材などで囲わないようにしましょう。

 

雨がかからなくすることは給湯器の傷みにたいして好影響ですが、通気を良くしてください。

 

また、増改築などで、給湯機器本体を屋内状態にしないでください。あくまで屋外設置用ですので
屋内になってしまう場合は、屋内用の給湯器に変更しましょう。

 

また、囲いをしないようにしましょう。吸気が不足したり、排気が不十分になり、
 一酸化炭素中毒や・火災の原因になります。

 

周囲の防火措置をしましょう

 

給湯機器本体のまわりに燃えやすい物を置かないようにしましょう。

 

◎火災の原因になります。

 

屋外設置形ガス給湯機器の注意事項

 

給湯器を安全に使うために、月に1回ぐらいは注意してみましょう。

 

◎給湯器機器使用直後は給湯器の中に高温のお湯が残っていますので注意しましょう。。

 

 

危 険

 

長くお使いの場合、経年劣化が進んでいる事があります。

 

屋外設置形のガス給湯器をそのままご使用する場合は、たいへん危険です。

 

メーカーの点検を受けましょう。

 

屋外設置形ガス給湯器の例

 

給湯器の外装下部がひどく錆びている

 

器具内部に腐食が進み、基盤など電装部品の故障やガス漏れの恐れがあります。

 

給湯器の下部が濡れている。

 

給湯器の内部が腐食し、基盤や制御部品など電装部品の故障やガス漏れの恐れがあります。

 

排気口の周りが黒くなっている。

 

給湯器が不完全燃焼をしている可能性が高く、その際一酸化炭素が発生しているため一酸化炭素中毒の恐れがあります。

 

 

さらに危険です!

 

給湯器周辺に雑草などが生える場合は、給湯器内部に雨水が流れ込んで内部を腐食させて、

 

基盤など電装部品の故障やガス漏れの恐れがあります。

 

◎給湯器の周辺の雑草はこまめに取り除きましょう。

 

◎給湯器周辺に雑草が生えている場合は取り除き、給湯器の内部の安全を確認しましょう。

 

経年劣化による事故が発生しています!

 

お宅の給湯器は、該当していませんか

 

  GRQ-241A   1988年~1994年   GT-242AR   1990年~1995年
  GRQ-241SA   1989年~1994年   GT-242R   1990年~1992年
  T-207SAR   1995年~1998年   GT-243AR   1992年~1997年
  T-208SAR   1996年~1998年   GT-243ARX   1992年~1997年
  T-247ARX   1995年~1998年   GT-243R   1992年~1997年
  T-247SAR   1995年~1998年   GT-1610ARX   1995年~2000年
  T-248SAR   1996年~1998年   GT-1610R   1995年~2000年
  GT-161AR   1988年~1991年   GT-1610SAR   1995年~2000年
  GT-161R   1989年~1991年   GT-1611ARX   1995年~2000年
  GT-162AR   1990年~1993年   GT-2010ARX   1995年~2000年
  GT-162R   1990年~1993年   GT-2010R   1995年~2000年
  GT-165AR   1992年~1996年   GT-2010SAR   1995年~2000年
  GT-165ARX   1992年~1996年   GT-2012SARX   1997年~2000年
  GT-165R   1992年~1996年   GT-2410ARX   1995年~2000年
  GT-202AR   1992年~1996年   GT-2410SAR   1995年~2000年
  GT-202R   1992年~1996年   GT-2411ARX   1995年~2001年

  GT-241AR   1988年~1990年   GT-2411ARXS   1998年~2001年
  GT-241R   1988年~1990年   GT-2412SARX   1997年~2001年

 

上記はノーリツ給湯器で経年劣化による事故が発生した給湯器の一覧です。

 

これはノーリツの抜粋ですが、リンナイ、パロマ等、メーカーにかかわりなく起きています。

 

一度メーカーのホームページで確認してみましょう。

 

 

ノーリツでは、上記給湯器の点検を有償て行っています。

 

¥5,800~位になるそうですが、安心して使い続けるには少ない出費だと思います。

 

◎注意

 

○点検の結果、修理が必要となった場合は、相談してみましょう。買い替えの方が安くつくことが多いと思われます。

 

○点検した機器の劣化状態や補修用部品の在庫期限切れの場合は、給湯器の交換したほうがいいでしょう。

 

 

ノーリツ修理・点検に関するお問い合わせ先 0120-911-026

 

年中無休 24時間受付

 

 

屋外設置形石油給湯機器をお使いの方へ

 

故障表示が出ているとき

 

リモコンの時計表示部に故障表示が点滅している場合
  エラーコードを確認しましょう

 

 

その内容の詳細は、取扱説明書を見てみましょう

 

  対応法の確認をします。

 

 取扱説明書以外の表示が出たり、取扱説明書に書いてある処置をしても繰り返し表示するときはご使用を中止し、

 

販売店、または給湯サービス千葉にご連絡ください。

 

 

屋外設置形石油給湯機器使用の注意

 

  排気ガスの流入にご注意しましょう。

 

  おふろをわかしているときや、シャワーを使っている時は、浴室の窓を閉めましょう。

 

 ※排気ガスが浴室内に入って来ると不完全燃焼の際一酸化炭素中毒の原因となります。

 

やけどに注意しましょう。

 

 シャワーなどお湯を使っているときは、リモコンに表示の温度をよく確かめて、実際に手でお湯の温度を確認してから使用しましょう。

 

 ◎特に60℃の高温のお湯を使ったあとに、次に使うときは特に注意しましょう。

 

  またお風呂に入る前に浴槽のお湯の温度を手を入れて確かめてから入浴しましょう。

 

 ◎ 追いだき中は、循環アダプターから高温のお湯が出るのでさわらないようにしましょう。
やけどの原因になります。

 

 

 ◎給湯器の 排気口や排気筒のまわりは、使用中や使用後しばらくは高温ですので手をふれないようにしましょう。
※小さなお子さまのいるご家庭では特に注意してください。

 

屋外設置形石油給湯機器をトタンや壁材などで囲わないようにしましょう。

 

雨がかからなくすることは給湯器の傷みにたいして好影響ですが、通気を良くしてください。

 

また、増改築などで、給湯機器本体を屋内状態にしないでください。あくまで屋外設置用ですので
屋内になってしまう場合は、屋内用の給湯器に変更しましょう。

 

また、囲いをしないようにしましょう。吸気が不足したり、排気が不十分になり、
 一酸化炭素中毒や・火災の原因になります。

 

周囲の防火措置をしましょう

 

給湯機器本体のまわりに燃えやすい物を置かないようにしましょう。

 

◎火災の原因になります。

 

屋外設置形石油給湯器の注意事項

 

給湯器を安全に使うために、月に1回ぐらいは注意してみましょう。

 

◎給湯器機器使用直後は給湯器の中に高温のお湯が残っていますので注意しましょう。。

 

 

危 険

 

長くお使いの場合、経年劣化が進んでいる事があります。

 

屋外設置形のガス給湯器をそのままご使用する場合は、たいへん危険です。

 

メーカーの点検を受けましょう。

 

屋外設置形石油給湯器の例

 

給湯器の下に灯油が漏れている

 

送油配管のゆるみ、石油給湯器内部の配管の腐食、バーナー灯油を送る電磁ポンプ等の腐食

 

バーナー本体の腐食が考えられます。すぐにメーカーサービスを依頼しましょう。

 

給湯器の外装下部がひどく錆びている

 

器具内部に腐食が進み、基盤など電装部品の故障や灯油漏れの恐れがあります。

 

給湯器の下部が濡れている。

 

給湯器の内部が腐食し、基盤や制御部品など電装部品の故障や灯油漏れの恐れがあります。

 

排気口の周りが黒くなっている。

 

給湯器が不完全燃焼をしている可能性が高く、その際一酸化炭素が発生しているため一酸化炭素中毒の恐れがあります。

 

 

さらに危険です!

 

給湯器周辺に雑草などが生える場合は、給湯器内部に雨水が流れ込んで内部を腐食させて、

 

基盤など電装部品の故障や灯油漏れの恐れがあります。

 

◎給湯器の周辺の雑草はこまめに取り除きましょう。

 

◎給湯器周辺に雑草が生えている場合は取り除き、給湯器の内部の安全を確認しましょう。

給湯器の点検、ガス・石油関連ページ

ガス給湯器の故障と対策
給湯器の故障経験と対策を水道の指定工事店が説明します
石油給湯器の故障
石油給湯器の故障経験と対策。千葉の木更津・君津・袖ヶ浦指定工事店のまとめです。
給湯器リモコンエラーコード
給湯器リモコンのエラーコードを千葉で給湯販売と工事を行う木更津・君津・袖ヶ浦の指定工事店が解説。

ホーム RSS購読 サイトマップ
故障と対策 交換はお得? ガスを安くする 給湯器選び方 ガス特価 石油特価 お支払方法 問合せ サイトマップ