最適な給湯器の選び方

機能から給湯器を選ぶ

オートタイプ

 

追い焚き機能つき給湯器

 

自動お湯はり機能、自動保温機能、足し湯はご自身で

 

シンプル、低価格

 

16号、20号、24号

 

号数は水温+25℃のお湯の1分間の出湯量

 

号数が多いほどたくさんのお湯を使えます

 

 

フルオートタイプ

 

追い焚き機能付き給湯器

 

自動お湯はり機能、自動保温機能付、自動足し湯機能付き、排水時、自動追い焚き配管洗浄機能付き

 

高機能、多少高価

 

16号、20号、24号

 

号数は水温+25℃のお湯の1分間の出湯量

 

号数が多いほどたくさんのお湯を使えます

オートタイプ

オートタイプ

 

ワンタッチで[お湯はり]~[自動ストップ]
そのまま設定時間の間[自動保温]する機能が付いています。

フルオートタイプ

フルオートタイプ

 

ワンタッチで[お湯はり]~[自動ストップ]
そのまま設定時間の間[自動保温]する機能が付いています。
加えて、お湯が減った場合(掛け湯等で)自動で[足し湯]します。
また排水時に追い炊き配管内を[自動洗浄]します。

足し湯機能

足し湯はオートの場合、自分でボタンを押して行いますが、フルオートはお湯の水圧や温度を感知して[自動で足し湯]します。

 

誰かがお湯から上がって湯量が減った場合や温度が下がった場合[自動で追い炊き・足し湯]をするのがフルオートです。

<オートタイプとフルオートタイプの違いについてまとめ>

フルオート・オートとも自動保温をする機能は同じなのですが、自動保温をするための方式が違います。
フルオートタイプはお湯の水圧を感知して温度や水量を測るため、例えば誰かがお風呂から上がった場合にすぐさま温度や水量を感知して追焚きや足し湯をする仕組みになっております。

 

一方、オートタイプの給湯器は一定時間(30分程度)ごとにポンプを利用して温度を測り、追焚きをするという構造になっております。
従って、例えば誰かがぬるいお湯につかった後、機械が温度測定をする前にお風呂に入るとぬるく感じる場合があります。

 

また、オートタイプは自動足し湯機能がないため、お湯が少なくなっても自動足し湯がされません。 (フルオートタイプには自動足し湯機能がついています。)
また、フルオートには自動配管クリーン機能がついており、浴槽のお湯を排水したときに、自動で、配管からお湯をだして配管内をきれいにします。
オートにはその機能がないので、たまに排水時に足し水や足し湯ボタンを押してもらえれば、定量が配管からでてくるため、同様の効果が得られます。(ただし往き配管のみになります)

給湯器の号数について

給湯器の号数について
水温+25℃のお湯を1分間に何リットル出せるかを示すのが号数です。
例えば、水温17℃の時に+25℃である42℃のお湯を1分間に24リットル出せるのが24号となります。
冬は水温が下がるので、夏に比べてお湯の出る量が少なくなります。

 

お湯の量を求める計算式 毎分出湯量=(号数×25)/(湯温-水温)
よって仮に冬場で水温が5℃の場合、42℃のお湯をだすとなると
16号の場合 (16号×25)/(42℃-5℃)=約10.81リットル
20号の場合 (20号×25)/(42℃-5℃)=約13.51リットル
24号の場合 (24号×25)/(42℃-5℃)=約16.22リットル
夏場で水温が20℃の場合、42℃のお湯を出すとなると
16号の場合 (16号×25)/(42℃-20℃)=約18.18リットル
20号の場合 (20号×25)/(42℃-20℃)=約22.73リットル
24号の場合 (24号×25)/(42℃-20℃)=約27.27リットル

 

春・秋時期の水温が約17℃と思われます
季節の水温の変動も考慮したいものですね。

 

※上記は、給湯器本体の能力になります。そのため配管の口径や給水圧力等の条件によっては、
上記の数値の能力が出ない場合もあります。

号数の違いと号数の決め方

号数の違いと号数の決め方

 

 

給湯器の設置方法、給湯器のタイプが決まりました。
次は、給湯器の出湯能力から、給湯器の号数を決めます。

 

号数とは、水温+25℃のお湯を1分間に何リットル出せるかを示すものです。
例えば水温が15℃の場合、16号の給湯器ですと、40℃のお湯を1分間に16ℓ出湯できるわけです。
24号の給湯器ですと40℃のお湯を1分に24ℓ出すことが可能です。
号数が大きいほうが、多くのお湯を使うことができるわけです。

 

しかし、単体の水栓だけ使う場合、例えばキッチンだけとか洗面所だけという場合、気になりませんが家族が多い場合、
誰かが洗面所を使いながら同時に流し台で洗い物をするとか、さらにシャワーを使うこともあり得る事を考えると、
家族数も考慮して号数を決めたほうがいいと思います。

エコジョーズについて

毎日の生活の中で、子ども達の未来のために、地球の為にできることがあります。
地球温暖化防止対策としてCO2削減の必要性が世界的に唱えられていますが、
それを実現するカギは、私たち一人ひとりの生活の中にあるのです。
たとえば排気ガスを出す車よりも電車を使うこと、クーラーや暖房の温度設定を少し変えることなど。
そして、生活に欠かせないお湯の使い方でも、地球のためにできることがあります。
そこで誕生したのが、環境性能・省エネ性能に優れたガス給湯器、「エコジョーズ」です。
国も補助金を支給するなど、その性能が認められているエコ製品です。

 

政府の方針として、2013年には全て(新規に製造する)エコジョーズとなります。
各メーカーもそれに従います。
(一部対象を除く)

ハイブリッド給湯器について

INAX
ガスと電気、それぞれの分野で長年培った信頼性の高い2つの技術を、さらに進化させ誕生したハイブリッド給湯器「ECO ONE」。
瞬発力のあるエコジョーズを搭載しているので、ヒートポンプのポテンシャルを十分に活かすことができ、湯切れの心配もありません。さらに1台で温水暖房まで使うことができ、快適なお湯ライフをかなえます。
しかも、ハイブリッド給湯器「ECO ONE」は、これまでより少ないエネルギーでお湯をつくることができるので、給湯のランニングコストが従来のガス給湯器に比べて半分以下になります。

機能から選ぶ給湯器関連ページ

設置方法別給湯器
給湯器の設置方法で選ぶ,千葉の水道指定工事店の提案。
リツ?リンナイ?
ノーリツ給湯器かリンナイ給湯器の選び方,千葉の水道指定工事店の知恵。

ホーム RSS購読 サイトマップ
故障と対策 交換はお得? ガスを安くする 給湯器選び方 ガス特価 石油特価 お支払方法 問合せ サイトマップ